乾燥肌はニキビになりやすい?

ニキビや吹き出物は皮脂汚れが原因のひとつといわれますよね。
清潔にしていなかったり皮脂が多いとできやすいのですが、実は空気の乾燥とも大いに関係があるのです。
だから、空気の乾燥しやすい冬にニキビや吹き出物がよくできるという人も少なくないようです。「

皮脂が少ないのもいろいろ問題あり

ではどうして乾燥がニキビや吹き出物の原因になるのでしょうか。
皮脂はニキビの原因やべとべとする肌のもとと嫌われ者のイメージがありますが、実は肌を外的要因から守るバリアの役割もしているのです。
したがって乾燥肌は皮脂の分泌が少ないため、バリア機能が十分に働くことができず細菌などの毛穴への侵入を防ぐことができないためにニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

皮脂は多過ぎても少な過ぎても支障が生じます。
皮脂が多い人はそれを取り除くために洗顔をし過ぎる傾向にありますが、そのせいで必要な分の皮脂さえ失ってしまい肌トラブルになる可能性もあるので要注意です。
また、皮脂の分泌が少ないと毛穴が詰まりやすくなるという点も原因に挙げられます。
このように、乾燥肌は意外にもニキビや吹き出物になりやすいのがわかっていただけたでしょうか。

美容PR:キューティーバスト クリーム

身体の内外から水分を補う

それならばどうすれば乾燥肌対策ができるのでしょうか。
まず、こまめな水分補給を心掛けましょう。
特に年を取ってくると身体が乾燥しがちになります。
水分を取り過ぎるとトイレが近くなるからと敬遠する人も少なくありませんが、肌のためには必要だと割り切りましょう。

そしてやはり大切なのは、スキンケアで保湿することです。
お風呂上りは今までお湯に浸かっていたということもあり乾燥とは無縁と思っている人も多いようですが、汗をかいて身体は乾燥しているのでしっかりと化粧水を塗り込むことを忘れないようにしましょう。
保湿パックも有効ですよ。
乾燥肌は日ごろのケアが大切です。
何もケアしないで放っておくとニキビや吹き出物以外にもいろいろと肌トラブルを引き起こす可能性があることを認識しましょう。

うらら酵素もチェック。

関連ページ一覧